Uncategorized

chinesisch – 欧洲音乐学院和法国音乐高等院校入学考试“音乐速成班”

欧洲音乐学院和法国音乐高等院校入学考试“音乐速成班” 全新课程: 历年欧洲音乐学院和法国音乐高等院校入学考试的经验显示,每年300名申请者中,只有大约20名能够最终脱颖而出,获得入学资格。 鉴于德国和法国每一所高校的情况都是如此,我院希望通过开设强化课程,帮助数以千计的落选者有针对性地做好准备,以期通过德国和法国音乐高等院校的入学考试,显著优化申请者的艺术素质和其他方面的条件。 进入我院学习的前提是已获得中学毕业文凭,如德国高级中学毕业文凭、法国中学毕业文凭或具备同等学历。特殊情况下,或年龄较小但具有天赋者,应进行单独考试。学生无需参加入学考试即可进入第一学期学习,第一学期结束后才会举行考核。 课程语言为英语/德语/法语,由经验丰富的高校教授和国际交响乐团演奏家执教。课程持续时间至少一学期,至多两学期,其间将有针对性地教授学生如何准备所有德国音乐学院和法国音乐高等院校或大学的入学考试,第一学期结束后将进行一般性考核。 根据学生需求,可以单独教学的形式教授指挥、钢琴和所有交响乐团乐器、管风琴和声乐。其后,学生将自行组建交响乐团或室内乐乐团,积累音乐会经验。 另一栋教学楼中的所有教室均已进行隔音处理。 执教的教授来自巴黎、柏林、布鲁塞尔、斯特拉斯堡、萨尔布吕肯、曼海姆和斯图加特。 圆满完成法兰西–德意志音乐学院的学业后,学生将获得相应证书。学业结束前将举行音乐会和考核。通常情况下,不同乐器的演奏课程将单独授课,而所有专业都将统一学习音乐史和音乐理论。 出于政治上和组织上的考虑,学院立足于追求德国萨尔布吕肯和法国巴黎高等院校的结合,以求建设好完整的音乐学科。 就读期间,学生将学习从前古典音乐到现代音乐的混合音乐风格,待申请的音乐学院的考试内容也是培养计划的一部分。 学院所在地迪耶于兹(Dieuze)住宿费用低廉,而且拥有对各种音乐活动均持开放态度的音乐受众。 就读期间,学生将学习从前古典音乐到现代音乐的混合音乐风格,待申请的音乐学院的考试内容也是培养计划的一部分。 2016年,法国小城迪耶于兹对一处18世纪的建筑群进行了改建,在昔日著名的盐仓及其门厅、电影院和博物馆中,一座全新宽敞的音乐厅和一座室内乐音乐厅正式落成。迪耶于兹小城毗邻众多大城市,如南锡、梅斯、斯特拉斯堡、萨尔布吕肯、卢森堡,提供了诸多艺术文化交流的机遇,这也是学院选址于此的原因之一。 每学期学费:1000.- 欧元 咨询和报名请联系 罗伯特·莱昂纳迪(Robert Leonardy)教授 萨尔(SAAR)国际音乐节 街道Rotenbühlerweg 28a 邮编D – 66123 萨尔布吕肯市 电话:+49 (0)681 97 61Continue reading

Uncategorized

koreanisch – 유럽 음대 및 프랑스 음악 학교 콩세르바뚜아르 수페리어 입학 시험을 위한

유럽 음대 및 프랑스 음악 학교 콩세르바뚜아르 수페리어 입학 시험을 위한 „음악–속성 강좌“   유럽에 새소식: 음대와 콩세르바뚜아르 수페리어의 입학 시험을 해마다 겪으면서 쌓은 경험에 의하면 한 해에 300여명이 응시하여 그 중 약 20여명 정도만 대학에 입학합니다.   독일과 프랑스의 모든 대학이Continue reading

Uncategorized

japanisch – ヨーロッパの音楽大学とフランスの高等音楽院の

ヨーロッパの音楽大学とフランスの高等音楽院の 入学試験向け「短期集中音楽コース」   ヨーロッパに新設   音楽大学や高等音楽院の入試を毎年経験してきた結果、年間300人の出願者のうちおよそ20名程度しか入学が叶わないということがわかっています。   ドイツとフランスの音楽学校が各校ともそのような状況にあるため、不合格となる出願者は数千人にのぼります。当アカデミーの集中コースで専門的準備をすることで、ドイツの音楽大学やフランスの音楽院の入学試験に合格することができるよう、また、芸術面そしてそれ以外の条件とされている点が各段に向上するよう、サポートしたいと思っております。     当アカデミーへの入学条件は、ドイツのアビトゥーアやフランスのバカロレア等に相当する中等教育の修了証明です。特例の場合や中等教育を終えていない才能ある年少者の場合は、個人試験を行います。1学期目は入学試験なしで開始できますが、1学期終了後に重要な試験が行われます。   授業は、経験豊富な大学教授や国際的オーケストラの奏者が、英・独・仏語で行います。これは、ドイツの音楽大学、フランスの音楽院や音楽大学の入学試験用の特別準備コースで、1学期~最高で2学期という期間の開催ですが、1学期目終了後に全体的な結果確認が行われます。   指揮、ピアノ、オーケストラの楽器すべて、オルガン、声楽の中から必要に応じ選択し、個人授業という形態で授業を行います。また、専用のオーケストラや室内楽団で演奏することでコンサートの経験をつけます。 別館の演奏部屋は、遮音構造となっています。   パリ、ベルリン、ブリュッセル、ストラスブール、ザールブリュッケン、マンハイム、シュトゥットガルトの大学教授が授業を行います。   当ドイツフランス音楽アカデミー(Académie de Musique Franco-allemande)を修了すると、修了証明書が授与されます。講座課程の終了前には、コンサートと結果確認が行われます。 音楽史や音楽理論はグループ授業、楽器演奏は通常個人授業です。   政略的また組織的な目的として、ザールブリュッケンやパリの独仏大学でも音楽という科目が定着するようにと、つながりを築くことに努めております。   講座課程においては、大学試験プログラムに含まれる前古典派から現代音楽までの様式を習得します。 フランスのデューズ市は居住費も安く、音楽活動全体に関心がある人々がいる場所です。  Continue reading